« バックアップと書き出し | トップページ | 2週連続でダウンとは…。 »

2011年9月26日 (月)

検索は隠しコマンド?

pencil 申請用総合ソフトの編集画面でのお話です。
一通りの入力が終わりチェックを掛けると”エラー”が出る時が有りますが、その多くは外字または全角以外の文字を含むケースですdanger
エラーが出た際には項目欄毎に黄色で表示はされますが、個別の文字の何処にその原因があるのかは分からないのがイマイチなトコロですねぇ…gawk
eye 添付書類欄に使う( )などは半角か全角か見た目では殆ど区別が付きません。
そんな際には通常のソフトで検索・置換機能を利用する訳ですが、申請用総合ソフトにも検索機能が実は有ります。
FindWindows共通のコマンドCtrl+Fで検索画面が表示されます。
デフォルトでは見つかった全ての項目を強調するにチェックが入っているようで、文字を入力した段階で、黄色く反転してくれます。
searchこの検索機能は、通常のソフトでは「編集」の中に有るのですが、何故か有りません?隠しコマンドと言う程の物では無いでしょうが、単なる表示忘れcoldsweats01
置換コマンドはWindowsではCtrl+Hが多いのですが試すと、コチラの機能は無いようで無反応…catface
ワープロや表計算のように入力された文字が大量にある場合は、置換コマンドは必須です。特に、市町村合併など名称が変わったり代表者が替わったりした時に一気に置き換えるケースは珍しくありません。

shadowオマケ:goopapaさんからコメントがありましたがInternet ExplorerではCtrlキー+で拡大(マウスではブラウザ右下虫眼鏡100%をクリック)で出来ますが申請用総合ソフトの入力画面の文字が老眼の人にとっては辛い!とか。確かに小さいかも…文字を大きく表示する設定も要請した方が良いかもしれません。

|

« バックアップと書き出し | トップページ | 2週連続でダウンとは…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バックアップと書き出し | トップページ | 2週連続でダウンとは…。 »