« 杭を抜いて欲しいと…。 | トップページ | 測量に伐採はつきもの »

2011年6月12日 (日)

2通りの乙号請求

pc オンライン申請も新システムに変わり早4ヶ月が過ぎようとしていますが、乙号請求はナゼ2通り有るのか…?
cherry 「かんたん証明書請求」からの請求を利用しており「申請用総合ソフト」から請求した事が一度もありません。
その違いはと言えば、幾つか有ると思いますが”かんたん”の名が示す通り1通から数通程度の請求ならばこちらが利用しやすいかも。
殆どの場合にこれで十分だと思います。
甲号申請の多さは圧倒的に司法書士のセンセー達でしょうが、乙号に関しては一度に大量に請求するのは調査士や測量コンサルかもしれません。
1㎞を上回るような丈量測量での用地調査の場合の筆数は、半端では無いです。
dollar 当然に閲覧にかかる費用も半端では無く、そもそもコンピューター化後は昔のように数百円の印紙を貼って半日登記簿を転写することなど出来ようもありません…pencil
自分で登記簿を書庫から持ってこないと逆に怒られるようなホーム局も有り、そんな事も黙認されていた、今では考えられ無い大らかな時代でしたhappy01
今日は日曜ですから営業時間外なので「かんたん証明書請求」はログインが出来ず申請書その物も作る事が出来ません。
一方の「申請用総合ソフト」はオフラインで乙号請求を1申請99通まで?申請書を作っておく事が可能で月曜の朝8:30にログインすれば送信可能です。
eye 思いつくのはこの程度ですが、それ以外にも違いは有るのでしょうかsign02
閲覧に替わるのが窓口より、事実上登記情報サービスですが、4月からの値下げで登記情報提供サービスから1件づつ時間を掛けて印刷までするより、大量の場合コスト的に乙号請求を申請した方が、割に合うかもしれません。

|

« 杭を抜いて欲しいと…。 | トップページ | 測量に伐採はつきもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杭を抜いて欲しいと…。 | トップページ | 測量に伐採はつきもの »