« 9秒間待つのだぞ! | トップページ | レーザー求心装置? »

2011年5月25日 (水)

登記情報サービスログインの違い

pencil 2月に”調査士も照会番号を”の記事を書きました
http://atokichi.cocolog-nifty.com/chosasi/2011/02/post-32dc.html
4月から商業登記の集中化が有り、本局一つになりましたけど資格証明書は省略出来ます。しかし、条件が有り集中化前(地元は3月末)までに登記された法人限定です。
建物登記の工事完了引渡証明や滅失証明の印鑑証明書も省略出来なくなり、場合によっては資格証明書も同時に準備して頂く事も有ります。
登記情報提供サービスでも不動産登記情報に限らず、商業・法人登記情報を積極的に照会番号の方からログインするようになりました。
そこで気づくのが、ログイン画面での違い。
Ws000000_2  「登記情報を請求する」では利用者IDの欄をクリックするとパスワード欄に●●●と自動で入力されます。
一方、「登記情報と照会番号を請求する」では同様の操作を受付けずキーボードからの入力せねばなりません。
Ws000001 前者がInternet Explorerのオートコンプリートが設定されている為ですが、照会番号でのログインは無効になるようです。
私のように自分専用PCの場合、自動で入力されるのは便利ですが、利用環境によってはshadow勝手に操作&課金される恐れやパスワードが盗まれる危険性がありますdanger
申請用総合ソフトのログイン画面も同様ですね。
と言う事で、両者とも以前に書きました”鍵助”を利用してログインしていますkey

|

« 9秒間待つのだぞ! | トップページ | レーザー求心装置? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9秒間待つのだぞ! | トップページ | レーザー求心装置? »