« F2は編集なのですが | トップページ | チョットした地図の話題です »

2011年5月19日 (木)

閉鎖登記簿の請求

house 建物の滅失登記完了後に閉鎖事項証明書を請求する時は珍しくありません。
かんたん証明書請求にログインして気づいたのですが、旧システムでは無かった「閉鎖年月日」の項目が表示されます。
ハテ?閉鎖年月日など分からない場合はどうするの?知っている人は希でしょう。
そもそも、登記情報提供サービスでの閉鎖登記事項請求の際に「閉鎖年月日」の項目は有りません。
Heisa 今回は自分が申請した滅失登記の完了後謄本なので、登記完了した日付は分かりましたが、仮に空欄のままで「次へ」をクリックすると問題なく進んだので送信してみました。
通常どおり納付→処理済みになったので、日付は無視しても問題ない事が分かりました…ならばそう書けよな!coldsweats01
因みに受領の際に窓口で見せて貰った請求内容のハードコピーの閉鎖の日付欄は「-」でした。
土地はともかく地元の場合、家屋番号が再使用可能なので、どの時点の閉鎖登記事項なのか、複数有る場合も考えられそうな気がします。
mailtoその場合はメールで「複数有ります」っとでもメールでの問い合わせがくるのかな?
閉鎖請求が可能なのはコンピューター化後に閉鎖された物件ですが、米沢支局は平成18年10月10日以降です。これすら知らない人が多いと思うので2月の支部研修会では説明しました。
しかし、驚いた事に先程の窓口での話の流れで酒田支局の土地だけはコンピューター以前の閉鎖登記簿も入力済で検索・請求可能だと言われました。
そしたら随時米沢支局もなるのか?と伺ったところ、登記特別会計が3月末で終了したので予算が付かず無理だろうとの事でした…catface
wrench土地の閉鎖登記簿請求って、建物以上に珍しく調査士でも滅多に見る事は有りませんが、閉鎖された和紙の公図が目下スキャン中なので最終的には土地・建物の閉鎖登記簿も入力されるのだと思いますが。

|

« F2は編集なのですが | トップページ | チョットした地図の話題です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F2は編集なのですが | トップページ | チョットした地図の話題です »