« 恒久的地物の復活 | トップページ | アトム君へやぁーな葉書 »

2011年4月23日 (土)

1.4Aへのバージョンアップと共有名義

eyeglass 今朝、申請用総合ソフトを1.4Aにバージョンアップしました。
14a 今回は本当に?【重要】デスし土日もアクセス可能なので忘れずにバージョンアップしましょうね…忘れないうちにと言えば予備のPCも完了しましたscissors
話は変わりますが、送信前にディスプレー上で見ても漠然として見逃すので、申請書を印刷してチェックしていますけど、以前より気になっていた事が有ります。
Sikibetu 申請人が2人以上の際に、申請人を追加しますが不思議な事に”登記識別情報の提供の有無”の項目まで追加されます。コレ漫然と申請書を作っていると見逃しがちで、印刷した物を赤ペンで一項目毎チェックして気づくんです___pencil
申請人が単独の時には無かったのに、ナゼでしょうね?
そもそも登記の目的と合致しません…しかもデフォルトで表示される識別情報の提供は”有り”だし。
合筆でもないのに、先日気づかないで危うく送信するところでしたcoldsweats01
それじゃぁ申請人が一人の時は何処にあるのか?と名義人情報追加をクリックすると表示されました。
一々「削除」するのは面倒くさいですね。
面倒くさいと言えば、最初に選ぶ申請書の選択画面は毎回ツリーを開かなくてはならず、せめて表示の登記(代理人)を開いた状態で記憶して欲しいですが、文句を言えばキリがないかも…gawk

|

« 恒久的地物の復活 | トップページ | アトム君へやぁーな葉書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恒久的地物の復活 | トップページ | アトム君へやぁーな葉書 »