2017年7月19日 (水)

調査士&司法書士出願状況

今年の調査士・司法書士試験の出願状況が載っていました。
H29chosa


H29shiho調査士は減り続けていた出願者が今年は増加へ転じましたが、司法書士は今年も減少。

pencil 独立開業型の資格は不人気がつづくようです…catface
若くて優秀な方が増え活性化される事を期待します eyeglass

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

西暦での回答

eyeglass 先日終了した工業団地内にある工場の登記。
今回の増築以外に調査すると増築未登記部分があり、担当者に増築年月日を尋ねました。

大きな会社なのでキッチリ台帳管理されており、調べてもらうと20××年の工事とのお答…sign02

平成だと何年なのかピント来ませんが、取りあえずメモ pencilsweat01

登記申請には平成に直す必要が有るので、ネットで調べます。
http://seireki.hikak.com/

平成から次の元号へ変るようですが、ますます計算出来なくなりそうです。
atm 以前、早見表をカウンターに置いてある役所がありました。

役所は全て和暦を使っているのかと思えば、住民票などを取得した際の領収書の日付は西暦だったりして…shadow

内税・外税のように、西暦と和暦が併記になるかも知れませんねぇ…coldsweats01

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

代表者の欄に?

pc 申請人が法人の場合「会社・法人情報取得」からオンラインで住所・氏名(名称)会社法人等番号が取得出来ます。

双方にとって、間違いが防止出来て便利なシステムです。

shadow 少し前、某センセーとの会話の中で「代表者」を入力する際に”代表取締役”や”代表理事”などの肩書を氏名の前に入れるべきか?と話題になりました。

紙申請なら入れますが、オンライン申請の場合「代表者」の項目が有るだけにシステム上は重複し不要なのかと?

登記所が受信の際、どの様に取込まれるか不明ですが、これまで法人名義の申請で付けて、付けなくても指摘も無く登記は完了しています coldsweats01

これまでどおり「代表取締役××」や「代表役員○○」と付けていますが、会社法人番号を送信データとして必須項目になって以降、どちらが正解なのでしょう?

オンライン申請ならではの疑問です…japanesetea

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

14条地図から建物図面を描く

house 隣接市町村の建物登記で取得した公図は地籍調査区域がつづきました。

座標が有る14条地図なら、地積測量図が無くとも建物図面の敷地を正確に描く事が出来ます。

1.登記情報サービスで入手した公図をTIFで保存。

2.CADに14条地図の右上・左下の座標を4箇所入力
※2箇所入力すればX,Yをコピペで入替えるだけです。

3.CADの編集画面上に入力した4点をプロット(縮尺は任意)

4.4点のラスター配置(水平・垂直固定)

5.当該地番をなぞり地番登録します。
※その際に隣接地番のヒゲ線になる箇所に点を設けていると後に楽です。


このように世界測地系なら、広い工場敷地で隣接地番が複雑な場所も正確に配置出来、更にKML保存すれば、Googleアースに敷地を落す事が出来て、打合せの資料作として持参すると、チョット驚かれます scissors

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

農転許可早まる

telephone 農業委員会より電話があり、書類に不備でも有ったかと思ったら、許可が下りたとの事。
28日締切りの農地転用が14日おりるとは coldsweats01

権限委譲により今年度から3,000㎡未満の諮問会議開催云々が変ったようで、早く許可が下りるようになったらしい。

県知事の許可は何時もどおりだった気がしますけどsign02

気になるのは許可の日付が11日で、交付まで3日も要するのかなぁと…catface

登記もそうですが急がない事件は何故か早く出ますなぁsweat02

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

補正時の添付情報

shadow オンライン申請の普及に伴い、初めは申請情報のみ送信されていた方が、次のステップとして電子化された情報を添付する方が増えてきました。

93条調査報告書は勿論、住民票・印鑑証明書・建築確認などPDF化して電子署名したり、地積測量図や建物図面はTIF+XML署名での添付。

添付書類を紙からオンライン添付へ変えると様々なメリットが有り、お奨めします。

telephone ところで、先日補正の際に担当者より調査報告書などは”送らないで良いです”と言われました。

補正すると添付書類一式がそのまま補正情報に引継がれるので、補正に無関係な者まで再送信される仕組です。

受信する登記所とすれば、自動印刷なので同じものが再び印刷され、ただただ不要な訳で、補正元の添付データをそのまま送る方が増えてきたのでしょう coldsweats01

不要はファイルは添付一覧から削除して補正送信しませう。

danger 注意点は図面を添付している場合の補正。

図面に補正が無くとも図面+XML署名だけは添付が必要です。

他の添付書類と違い管理システムに取込むので、補正データからしか取込めない用ですので要注意。

| | コメント (0)

2017年7月12日 (水)

6月のロールアップが原因だった?

6月30日インターネットエクスプローラーが落ちる記事を書きました。
特定のGooなどが落ちてしまい、関連するブログなども見られない状況がつづいていました。
eyeglass 調べ物はネットでするのが当り前の昨今、この所不便な思いを強いられてきました…crying
2a005pc 6月のマンスリーロールアップが原因のようだと思っていましたが、今朝のWindowsアップデートに7月のロールアップが有り、早速適用すると案の定解消されました。

登記情報サービスなどに影響は有りませんでしたが、ブラウザが機能不全に陥ると、仕事にも影響が出る昨今です coldsweats01

| | コメント (0)

2017年7月11日 (火)

地籍調査による字名変更

地元は地籍調査がようやく始ったばかりですが、隣接する市町村は時折地籍調査の図面に当ります。

house このところ増築など表示変更の事件がつづきますが、土地の登記情報取得すると地籍調査により字名と地番が変っていました。

増築のついでに所在も変更すれば良いので問題はありませんが、登記所が分っていながら放置するのに、何となく引っかかりを感じます coldsweats01

以前、長井市某所の地籍調査で大字名が変り、既登記建物の登記情報を探すのに少々手間が掛った経験が有ります。

職権での変更は事実上無理かも知れませんが、コンピュータ化された事だし、上手い方法が有りそうな気もしますがsweat02

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

猛暑日!

sun 朝からギラギラした日差で9時頃には30℃を超えました。
3時過ぎには35℃を超える猛暑日sweat01

2現場をしていると書類に大粒の汗がポタリsweat02

メガネのレンズに汗が付くのが一番嫌です eyeglasssweat01

パソコンのファンが唸りを上げてフル稼働…大丈夫 pcsweat01

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

数次増築の所有権証明情報

今週気になった事件です。
house 増築登記の依頼で、建物調査へお邪魔すると今回の増築以外に既に増築され未登記の部分が判明する事が時々あります。

特に多いのが当初から有った凹玄関の風除室やベランダの前面にサッシ扉を入れて塞いだケース。
申請人も施工業者も増築の認識は有りません。

今回の表題変更では床面積に算入されますが、その部分の所有権証明情報が無いとの指摘が来ました。

引渡証明書には最終的な面積と日付を記載し、これまでこの部分に関する記載等は求められた事がありません(建築確認にも面積は含まれています)

この部分の課税台帳への記載は建築確認を受ける必要も無いので有りません。
当然ですが、登記原因は最後の増築年月日のみ記載されます。

今回は新築から全て同じ建築会社によるものでしたので、申請人&施工業者の了承を簡単に貰え引渡証を揃える事が出来ましたが、ホームセンターなどで施工した場合は、一度取下げになるかも…catface

逆のケースとして課税台帳しか所有権証明情報が無い古い未登記増築の事件。
基礎が無い簡易な作りの1.5㎡ほどの部分が有り、そこを除外すると課税台帳と面積が一致するので、不参入としたら「算入せよ!」との補正が…。
その部分の所有権証明情報が無いですが良いのでしょうか?と聞くと問題無いとの回答でした。

これらビミョーな部分(付合)は人により判断が分れるかも。

来週は似たように数次の増築事件がつづくので、少なくともここ1・2年は注視して行こうと思います。

| | コメント (0)

«縦に素早く最大化する